東京都市大学 総合研究所 未来都市研究機構

文部科学省「平成29年度 私立大学研究ブランディング事業」採択事業

研究ユニットResearch Unit

シニアライフマーケッティングSenior Life Style Studies

研究メンバーResearch Member

今井 龍一(工学部 准教授)・岡田 啓(環境学部 准教授)・林 和眞(都市生活学部 講師)

研究概要
少子高齢社会において世代ごとに必要とされる公的および民間サービスの質と量を把握することは市民生活の質の確保や向上に不可欠である。本研究ではビッグデータを活用して、都市構造を踏まえた高齢者等の回遊行動や将来の居住分布を把握できる「都市活動のモニタリングシステム」を開発する。さらに、同システムを用いて地方公共団体や民間企業の意志決定に寄与するマーケッティング手法を開発する。
期待される研究成果
交通ビッグデータや都市構造に基いて現行の高齢者の回遊行動や将来の居住分布が把握できる「都市活動のモニタリングシステム」を構築し、それを用いることで各種の顕在需要と潜在需要の分析が可能となる。また、これらの分析を通して、まちづくりや都市経営の施策立案や民間企業の戦略立案等におけるPDCA(Plan、Do、Check、Action)サイクルにおけるCheckの支援策となることが期待できる。

ページトップへ戻る