東京都市大学 総合研究所 未来都市研究機構

文部科学省「平成29年度 私立大学研究ブランディング事業」採択事業

研究領域Research Unit

エイジングインフラマネジメントAgeing Infrastructure Studies

研究メンバーResearch Member

関屋 英彦(工学部 准教授)・丸山 収(工学部 教授・未来都市研究機構副機構長)・吉田 郁政(工学部 教授)・白旗 弘実(工学部 教授)・
三上貴仁(工学部 准教授)

研究概要
老朽化した橋梁や高架橋などのインフラに生じる典型的な損傷である疲労現象は発見が困難なうえ、落橋や崩壊につながる危険性があり、適切な維持管理が必要である。
本研究ではIoTを活用して、疲労の原因となる自動車の重量、構造物の変形、疲労亀裂の発生検知などのシステムを構築するとともに、都市内道路橋ネットワークのマネジメントシステムや、メンテナンス事業方式を開発する。
期待される研究成果
モニタリングセンサを用いて構築した車両重量システムを多数の橋梁に設置することにより疲労環境を評価し、点検の優先順位付けを行うことを可能とするシステムを構築する。また、震災時においては、緊急車両等の走行が可能な路線を瞬時に判断できるシステムを構築する。さらに、そのシステムに基づく維持管理型官民連携事業方式を開発することが期待できる。

グリーンインフラマネジメントGreen Infrastructure Studies

研究メンバーResearch Member

飯島 健太郎(総合研究所・環境学部 教授)・リジャル ホム バハドウム(環境学部 教授)・横田 樹広(環境学部 准教授)

研究概要
従来型のハードウェアのインフラではなく緑地を中心としたグリーンインフラの活用が期待されている。本研究では都市におけるグリーンインフラの複合機能の検証とそれがもたらす社会に及ぼす効果影響の分析方法を構築し、その事業評価手法を確立する。さらには、その普及のための整備および維持管理運営事業方式を開発する。
期待される研究成果
都市における緑地のグリーンインフラとしての環境改善、減災・防災等の複合機能に関して実験的に検証するとともに、その健康増進や不動産価値への効果影響を分析することによりその事業評価手法を開発する。さらには、その普及手段として公有地活用都市再生官民連携手法の開発が期待できる。

シニアライフマーケッティングSenior Life Style Studies

研究メンバーResearch Member

葉村 真樹(未来都市研究機構 機構長・教授)・川口 和英(都市生活学部 教授)・岡田 啓(環境学部 准教授)・林 和眞(都市生活学部 講師)

研究概要
少子高齢社会において世代ごとに必要とされる公的および民間サービスの質と量を把握することは市民生活の質の確保や向上に不可欠である。本研究ではビッグデータを活用して、都市構造を踏まえた高齢者等の回遊行動や将来の居住分布を把握できる「都市活動のモニタリングシステム」を開発する。さらに、同システムを用いて地方公共団体や民間企業の意志決定に寄与するマーケッティング手法を開発する。
期待される研究成果
交通ビッグデータや都市構造に基いて現行の高齢者の回遊行動や将来の居住分布が把握できる「都市活動のモニタリングシステム」を構築し、それを用いることで各種の顕在需要と潜在需要の分析が可能となる。また、これらの分析を通して、まちづくりや都市経営の施策立案や民間企業の戦略立案等におけるPDCA(Plan、Do、Check、Action)サイクルにおけるCheckの支援策となることが期待できる。

デイリーライフサポートDaily Life Style Studies

研究メンバーResearch Member

西山 敏樹(都市生活学部 准教授)・和多田 雅哉(工学部 教授)・北見 幸一(都市生活学部 准教授)・橋本 倫明(都市生活学部 講師)

研究概要
高齢者や障がい者、子育てをする親等、都市内でのいわゆる「買い物難民」の日常的な買物を効果的に支援するシステムを開発する。全国に増える野菜直売所を念頭におき、IoTを十二分に活用し、商品の選択から安全な決済までの一連の買物行動を自宅で行えるようにして、新鮮な青果物が低炭素・低エネルギーで自宅まで届けられる買物分野のユニバーサルデザインとエコデザインの融合を目指す。
期待される研究成果
農業生産者と高齢者・障がい者・子育ての親世代等の多様な消費者層が結びつく「農都共生システム」のモデル化が期待できる。いわゆる買物難民である高齢者・障がい者・子育ての親世代の買物を支援し、衣食住の「食」での社会参画感が得られるシステムの実現が成果となる。農業生産者も様々な都市住民のニーズにあった農業を展開できる。IoTで電気自動車や非電気使用の冷蔵システムの関連各種技術を結びつけることで、都市内の買物分野のユニバーサルデザインとエコデザインの融合的実現が期待できる。

ヘルスケアサポートHealth Care Studies

研究メンバーResearch Member

柴田 随道(工学部 教授)・早坂 信哉(人間科学部 教授、子ども家庭福祉研究センター長)・久保 哲也(共通教育部 教授)・
末繁 雄一(都市生活学部 講師)

研究概要
街中での生理的欲求(喉の渇き、疲れ、用便、熱中症対策等)や健康管理面のニーズを捉え、ICTとセンサーネットワークの利活用による関連施設の空き情報のタイムリーな提供等の行動支援方法を開発する。少子高齢化が進む中で人々が安心して街に出て活力ある都市生活を楽しむことができる社会基盤の構築、検証により、多世代共生の未来都市を提案する。
期待される研究成果
高齢者を含む多世代の人々が安心して外出できるモデル地区の構築を目指す。街中の休憩スペースやトイレ等の空き情報を提示するセンサーネットワークシステムの構築と試験を通した知見や運用上のノウハウを得ることが期待できる。生理的欲求に関連するニーズ調査や技術検証実験から、施設稼働状況の把握精度やモニターによる情報活用効果を検証する。また、街中でのフィールドトライアルを通して都市生活の安心と利便性を検証し実用化に繋げることが期待できる。

ページトップへ戻る